< 当院には、このような症状の方がよく来院されます >

・半月板損傷

・変形性膝関節症(膝痛)

・オスグッド病(成長痛)

・膝の水

etc...

 

tel:045-314-8322

(完全予約制)

営業日のご案内

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日

what's NEW!!

ブログを更新しました(10/5)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(7/14)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(4/30)

お客様インタビュー(腰痛)追加しました(3/9)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(1/9)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(12/29)

姿勢と膝の関係

こんばんは。ゆらし療法院です。


「姿勢はとても大事!」と、いろんなところで言われています。

全ての症状は姿勢から、という説もあったり。

そんな姿勢が、膝に及ぼす影響について、今日はお話いたします。

さて、どんな姿勢が膝へ悪影響があるかといいますと、特に多いのが「猫背」です。

猫背になると、背中が丸くなるだけではなく、骨盤が後に傾きます(腰のあたりが反ってない感じ)。この体勢で立つと、脚全体の外側に張りを生じてしまいます。

その状態で歩くと、常に脚の外側に余計な負荷がかかり続けることになります。

外側が張ると、バランスを取ろうとして脚の内側の筋肉も張ります。

偏った場所に筋肉の緊張が生じ、持続することにより、結果、膝への継続的な負荷がかかってしまい、ある一定ラインを越えた時に痛みへと変わります。

また、ずっと筋肉が緊張しているということは、その方向にずっと引っ張られているということ。結果、変形性膝関節症や半月板損傷も引き起こす可能性が出てきてしまいます。


姿勢といえば肩こり、腰痛などが最初に浮かびますが、このように膝への負担の引き金にもなるわけです。

 

対策は「良い姿勢を保つこと」。

良い姿勢は、骨盤がほんの少し前に傾いている状態(腰のあたりが少し反っているくらい)がよいでしょう(個人差がありますので、無理をなさらないように)。腰に生理湾曲ができていればいというわけですね。

 

ぜひ、歩く時や立つ時、走る時に試してみて下さい☆

うまくいけば、歩いたり走ったりするのがとっても楽になります。

 

普段の生活を工夫して、より健康なお身体をつくっていきましょう♪

 

 

西山