< 当院には、このような症状の方がよく来院されます >

・半月板損傷

・変形性膝関節症(膝痛)

・オスグッド病(成長痛)

・膝の水

etc...

 

tel:045-314-8322

(完全予約制)

営業日のご案内

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日

what's NEW!!

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(11/29)

ブログを更新しました(10/5)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(7/14)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(4/30)

お客様インタビュー(腰痛)追加しました(3/9)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(1/9)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(12/29)

膝に優しい立ち方、座り方

さて、今日のコラムは「膝」を楽にするテクニック!!

ゆらし療法院では膝のお客様がとても多いのですが、よくこのやり方を推奨しています。さぁみなさんご一緒に♪

 

症状を回復させていくために必要なことは、大きく分けて二つあります。

それは、「回復力を高める」ことと「負担を減らす」ことです。

他の症状でもそうですが、膝においても、これら二つの事はとても大切なことです。

 

今回ご紹介する内容は「負担のかからない立ち方、座り方」。

 

膝を痛めている時は、立ち座りがとても負担になります。

症状がひどい時には、立ち座りの際に痛みを伴う場合もありますね。

 

しかし、立ち座りは生活においてとても頻度の多い行動です。

日常的すぎてあまり意識する事が少ないですが、普通に生活していると一日に数十回もやっているのです。

つまり、膝を痛めてる時には一日に数十回も大きな負担をかけているわけですね。

 

この負担を減らすことにより、回復のスピードは大きく変わってきます。

 

それでは、「膝に負担のかからない立ち方、座り方」をやっていきましょう。

 

「立ち方」

・しっかりおじぎをして椅子に手をつく

・おしりを持ち上げる

・上半身をおこす

 

「座り方」

・しっかりおじぎをして椅子に手をつく

・おしりを降ろす

・上半身をおこす

 

ポイントは腕で支えて、なるべく膝に力を入れずに動作することです。

 

このやり方は、身体を大きくつかって、しっかりと重心を安定させる方法です。

 

痛みがあると、知らず知らずのうちに身体がこわばり、うごきが小さくなってしまい、逆に負担のかかるような動き

 

になってしまいます。

 

負担を減らす動きをしっかりと身につけることができれば、回復も早くなる上に、痛み再発防止にもつながります。

始めは難しいかもしれませんが、ぜひ実践してみましょう。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Hannah Caves (金曜日, 03 2月 2017 19:31)


    Unquestionably consider that which you said. Your favorite reason seemed to be on the web the simplest thing to keep in mind of. I say to you, I certainly get irked at the same time as people consider concerns that they plainly don't recognise about. You controlled to hit the nail upon the highest and also defined out the whole thing without having side effect , other people can take a signal. Will likely be back to get more. Thanks