< 当院には、このような症状の方がよく来院されます >

・半月板損傷

・変形性膝関節症(膝痛)

・オスグッド病(成長痛)

・膝の水

etc...

 

tel:045-314-8322

(完全予約制)

営業日のご案内

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日

what's NEW!!

ブログを更新しました(10/5)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(7/14)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(4/30)

お客様インタビュー(腰痛)追加しました(3/9)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(1/9)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(12/29)

喘息とは?

◆一般病理学による「喘息」とは・・・

時々発作を起こす呼吸器の病気で、咳、喘鳴(ぜいぜいヒューヒューという呼吸音)、胸の締め付け感、呼吸困難等があります。

 

精神的ストレスや気温の低下、動物の毛や洗剤、ダニなど、種々の刺激に対して気管や気管支が過敏になり、気道狭窄が起き、発作が起きやすくなるといわれています。

アトピー型(アレルギーによるもの)、感染型(細菌やウィルスの感染によるもの)、混合型があります。

治療はアレルゲンがあればそれを避け、抗炎症薬、気管支拡張薬、抗アレルギー薬、吸入ステロイド等を使用します。

ステロイド治療によって、ステロイド依存性喘息になると、非常に治り難くなります。

 

◇無痛ゆらし療法において「喘息」とは・・・

喘息の呼吸器障害は首回りや胸部の筋肉の緊張を取ることで気道を確保し、症状も大きく改善していきます。

気道狭窄が起きる原因は首、胸部、背部周辺の緊張や歪み、椎間板の潰れから引き起こされると考えています。

頚椎周辺の問題がある時に、咳風邪などをきっかけに、肺周辺の筋肉の緊張も強くなります。

肺周辺の緊張が強くなると咳が出やすくなり、咳によって胸の緊張が強くなるという悪循環が起きてきます。

こうなると常に胸部の緊張が強くなり、気道が圧迫されます。

肺や気管支も過敏な状態になり、ダニ、ハウスダスト、花粉など、微量の刺激でも呼吸困難、喘鳴、咳などをするようになります。

また中枢神経が集中する頚椎周辺に問題が起きていると自律神経失調や内臓機能低下が起き、自己治癒力、体力が著しく低下します。

主原因である首・胸部・背部周辺の問題を解消することで、喘息の根本的な問題解決を図ります。

 

 

 

 

※すべての方に効果があることを保証するものではありません。

様々な体質・実践環境の方が存在するため、効果には個人差がございます。

横浜の無痛整体-PST(無痛ゆらし療法) ~ゆらし療法院~

〒220-0051 神奈川県横浜市西区中央1丁目33-12 関ビル壱番館5F

tel: 045-314-8322    メールでのお問い合わせはこちら

無痛ゆらし療法PST協会やすらぎグループ所属  NPO法人日本予防医学未病研究会推奨