< 当院には、このような症状の方がよく来院されます >

・半月板損傷

・変形性膝関節症(膝痛)

・オスグッド病(成長痛)

・膝の水

etc...

 

tel:045-314-8322

(完全予約制)

営業日のご案内

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日

what's NEW!!

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(11/29)

ブログを更新しました(10/5)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(7/14)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(4/30)

お客様インタビュー(腰痛)追加しました(3/9)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(1/9)

お客様インタビュー(腱鞘炎)追加しました(12/29)

国家試験の直前、腱鞘炎になってしまった横山様テストに名前を書くのも痛かった状態から、痛み無く本番を迎えられた経緯をお伺いしました。

 

 

―いつからどのような症状でお悩みでしたか?

昨年から国家試験に向けての勉強が始まり、腕と手首の痛みが出始めました。

 

2017年5月に一次試験に受かって、二次の論文試験に向けて、意気込んで書く練習を始めてからです。

 

最初はそこまででもなかったのですが、徐々に痛くなりました。

 

2017年の年末に2時間書き続ける試験を受けた時に、ビキッという、それまで以上の痛みが出てしまって。

 

それ以来、1回ビキっとくると痛くて痛くて。

 

挙句に、テストの始めの氏名欄に名前を書いただけで痛む状態になっていました。

 

 

書き続けるということですが、どのような試験なのですか?

不動産鑑定士という国家試験で、1科目2時間の試験を、1日2科目を3日間、計6科目行います。

考えてる時間はほとんど無くて、最初5分考えてその後1時間55分書き続けるような感じです。

 

ただ書くだけでも2時間以内に4枚書くというのは大変で、かなり小さい文字で書き続けます。

 

書き間違えを直している時間は無いので、最初から訂正前提で枠の下に書いて2重線というような感じ。

とにかく時間との闘いの試験です。

 

自宅で模擬試験を行う時などは、終わりっとなった瞬間、ボールペンを投げ捨てるような(笑)

あと5秒、最後の1秒まで書き続ける状態です。

 

最初はインプットの方で、徐々に書く練習が増えていき、年末くらいから徐々にテストの時間が増えて、ミニテストが1時間になり、2時間になりと。

 

会社の制度として、2018年4月から試験当日までは出社扱い、自宅勉強期間という状態で。

 

1~6月は毎週土日にテストを何コマかやって、それ以外の日は自宅学習でガンガン書き続ける状態でした。

  

自宅と予備校、たまにこちらという生活でした。

 

使ったボールペンを最後並べたら、その期間だけで、太くてインクが多いもの含めて13本以上使い切っていました。

 

 

こちらに来る前には何か対処などしましたか?

最初は自分でマッサージしたりしていましたけど、昨年の年末くらいから整体に週1回くらい行っていました。

だけど、みるみる悪くなっていって。(笑)

 

通っているうちに、ビキっとなってしまって、全然痛みが良くなるどころか悪化していきましたね。

 

今思うと、自分でも強くよく揉んで下さいねって言われてましたし、ここ固いですね、グリグリとやられてすごく痛くて。

それもあって、すごく精神的にも辛くなっていきましたし、とにかく整体が信頼できない状態になっていました。

 

それでどうにか他に良い方法はないかとネットで探していたら、こちらを見つけて。

 

ここはゆらすらしい。大丈夫かと。(笑)

 

最初のお電話では、こちらのイライラが出てしまって、かなり感じ悪く電話してしまいましたね(笑)

本当に良くなるんですか?と(笑)

 

お電話したときも、家で書いてて、ペンを投げ捨てたタイミングだったので。

前行っていた整体に行っても絶対良くならないと思ったので。

 

お電話にでられたのが女性だったので、受付の方だと思って早く先生に電話代わってよと思ったり、本当に効くんですかとか、腱鞘炎をあなたは治したことあるんですかくらいに(笑)

本当にすみません。

 

電話でお話して下さったときに、いろいろとご説明下さり、受付の人じゃない、先生だとわかって(笑)

腱鞘炎についても、やり方についてもしっかりとご説明下さって、是非行ってみたいと思って予約をとりました(笑)

 

 

 

 

最初にこちらに来られた時の状態を教えてください

首、肩、腕全部、手首まで痛みがあって、手首や親指、腕は何もしなくてもずっと痛かったですね。

 

自分の手じゃないというか、グローブをはめているような感覚でした。

 

ビキっとなってからは更に酷かったですね。

 

お箸とか、包丁を持つことも痛かったですし、拒絶反応が出ていましたね。

常に警戒状態でした。

 

 

最初施術を受けたご感想はいかがでしたか?

こんなに優しいやり方で良いのかなと(笑)

 

正直、体の状態が悪すぎて1回目は良くわからなかったです。

 

でも、翌日には昨日より良くなってたのがわかって。

 

初日に、この後は7時間以上寝て下さいと言われて、救われた気持ちになりました。

寝ていいんだと。

 

3時ころ毎日起きて勉強していて、試験が近づいたら2時には起きなければと思っていたので、寝ないと回復しないと言われた時には救われた気持ちでした。

 

とにかく殺気立っていましたしね(笑)

 

 

その後はどのように変化していきましたか?

2回目に、施術が終わって体がふわっとしていて、すごく気持ち良かったです。

 

そのまま予備校に向かう時に、電車で爆睡して力が抜けて全身がゆるゆるになってるのが分かって、これはすごい、回復力という説明をずっと受けていたことを実感して、今体が回復しようとしてるんだ!と。

 

先生と相談して、勉強のやり方も思い切って変えたりしました。

 

遅れをとるんじゃないかとも思いましたし、すごく怖かったですが、結局はその方が効率良くできて。

 

その段階では先生の言うこと全部聞いていましたね(笑)

 

 

その後大分良くなっていたのですが、試験の直前、7月からは完全に自宅学習となったので、毎週末、模擬本番を受けるようにしました。

 

本番は3日間で6科目のところを、土日2日間で6科目と本番よりも負担をかなり多くしてやっていたら、ちょっと痛くなってしまって。

 

急遽先生に診ていただいて、模擬本番は先生と相談して一度辞めることにしました。

 

過去振り返って、一番書かなかったのが本番前の1週間(笑)

十分やってきたからと、最後までブレーキ踏んで下さったので。

 

 

試験本番の3日間、いかがでしたか?

全然痛みはありませんでしたね!

模擬試験の時は、2日目の時点で痛かったですが、本番は最後まで全然大丈夫でした。

 

本当に作戦勝ちですね。

 

 

 

そして試験結果は・・・?

おかげさまで、合格しました。

 

先生と都度相談して、本当に二人三脚でやっていただいた印象です。

 

忘れられない思い出になりました。

 

試験が終わった瞬間、先生にお電話しましたね。

 

今までは3日間痛み無く乗り越えられなかったので、嬉しかったですね。

 

 

ありがとうございました。

 

 

同じような症状で悩む方へ一言お願いします。

整体に行って良くしてもらおうと思って行っていたけど、なかなか良くならず。

 

こちらに来たら整体と180度違うことを教えていただいて、私はそれで良くなって成功したので、今のやり方に疑問を持っている方がいらっしゃれば、是非来てみていただきたいと思います。

 

こちらには発信力をもって大きくなっていただきたい。

 

夢で、こちらが大きくなってる夢を見たんです。

お店が大きくなったら寂しいなとも思いながら(笑)

 

こちらは本当に雰囲気が良くていいですよね。

 

何よりサービスが徹底していて素晴らしいです。

 

前のお客様は、あ~良くなったとニコニコ帰っていかれたり、次々お客様もいらっしゃるし。

とても良い雰囲気と、素晴らしいサービスのお店ですね。

 

今までに行っていた整体とは全く違いましたね。

 

言うならば、女将がいる治療院(笑)

 

こちら無くしては、試験では戦えなかったです。

本当にありがとうございました。

 

 

―本日は、貴重なお話をありがとうございました。

 

※以上はお客様の感想であり、効果には個人差があります。

 

横浜の無痛整体-PST(無痛ゆらし療法) ~ゆらし療法院~

〒220-0051 神奈川県横浜市西区中央1丁目33-12 銀河ビル5F

メールでのお問い合わせはこちら